G CONFIDENCE BLOG

先週の金曜日に雇用統計が発表され、
相変わらず好調さをアピールした米国。

余程の事が無い限りは今月14~15日そして、
来月26~27日に開催されるFOMCでも
0.5%の利上げは実施されるのは間違いなさそうです。

これだけが要因というわけではありませんが、
ドル円は先月付けた高値を抜き去り
今このブログをアップしている最中も上昇を続け
133円に迫る勢いです。

 

ドル円日足チャート

 

 

 

次に目指すのは、

 

ドル円週足チャート

 

 

 

2002年1月27日に付けた135円台。

あとわずか2円ほどですから、

来週開催されるFOMCを前に届いてしまいそうな勢いですね。

 

 

金利上昇を受けて、調整している株式市場はというと、

いち早く回復の兆しが見えるのが驚くことに日経平均です。

 

日経平均日足チャート

 

 

 

まぁ、「驚くことに」は言いすぎですが、

右肩下がりのチャネルをうわっぱなれ

今年の高値から安値を100とした時の50%戻しを2回も達成。

これで、3月29日の高値を抜けてくれば、

下落から上昇へとトレンドが変わる可能性が高くなりますね。

 

米国の指数はというと、

相変わらず弱いのがナスダック。

 

ナスダック100日足チャート

 

 

 

下落幅の25%戻しは達成したものの、

その上に引いてある赤いラインの抵抗線を超えられずに

25%を再び割り込んでの推移になっています。

 

お馴染みのS&P500はというと、

 

S&P500日足チャート

 

 

 

辛うじて25%を上回って推移しているものの

ギリギリのラインで踏みとどまっている感じです。

4000ポイントに近いところでもあるので、

意識されているのは間違いないでしょう。

 

米国3大指数の中で一番しっかりしているのが、

 

NYダウ日足チャート

 

 

 

下落の50%戻しは達成してはいませんが、

その下に引いてある赤いラインは抜けていました。

 

ただ、米国指数に総じて言えるのは、

下落トレンドからは抜けていないという事。

 

まだこの先も金利を上げていくと言っているわけですから、

当たり前と言えば当たり前ですが、

チャートを見ていてもそれが分かりますね。

 

短期売買を繰り返すような方であれば、

今はまだ安心して拾っていける状況ではないので

細かく細かく回転を利かせて売り抜けることが重要ですが、

長期積立をされている方の場合には、

ここは腰を据えてどっしり構えることが大切です。

 

円安が進み、

円ベースでの資産は増えたので今のうちに一部だけでも解約したい!

という方も最近増えてきましたが、

為替を理由に解約を検討するのであれば

この円安の流れは当面続くことが予想され、

今の日本が今後大きく円高へ振れるのは難しい状況にあります。

 

特に、今はまだ解約のタイミングではないと、

個人的には考えています。

少なくとも2024年の新紙幣発行までは、

円以外の資産は極力そのままにするのが得策であると考えます。

 

キーワードは、

「一万円札」「孫」

 

何が起きても不思議ではない時代。

万が一を想定しておくことが大切です。

 

海外(オフショア)投資に関してのご相談や、

海外(HSBC香港)銀行に関するお悩み事がありましたら

お気軽にご相談ください。

経験豊富なスタッフが対応いたします!

 

ご相談はこちらから

 

Matsunaga Toshikazu