マーケット情報 米国金利打ち止め観測が広がる

14日に発表された10月の米国消費者物価指数(CPI)は、

前年同月比で3.2%上昇と前月の3.7%を下回り、

市場予想の3.3%をも下回りました。

 

この発表を受けてマーケットは米国の利上げは打ち止めになるという見方が強まり

5.0%に達していた米国10年債利回りは4.5%を割り込み

ドル指数は節目である105を割り込む急落となりました。

12月12~13日にあと一回FOMCが開催されるわけですが、

ここでも利上げは行われない可能性が高まったようです。

 

米国10年債利回りチャート

 

 

ドルインデックスチャート

 

ドルが下落したことによって

ユーロやポンドは上昇し

 

ユーロドルチャート

 

ポンドドルチャート

 

 

ただ、

昨年10月21日の高値を目指していた円も

一時150円前半まで下落することになりましたが、

翌日には151円半ばまで切り返すことになりました。

 

 

まだまだ、トレンド継続中ですね。

完全にドルインデックスの動きとは連動しておらず、

円安傾向にあることがわかります。

かなり、昨年10月の高値が意識されているので

抜けてしまった時に加速がつく可能性が高いと思っています。

すなわち、155までが速いのかと。

 

せっかくなのでユーロ円のチャートも見ておきましょう。

こうしてみると、円安がいかに進んでいるかがわかりますね。

しつこいようですが、海外に行きにくくなりますね。

 

ちなみにドルインデックスが下落しているため、

ゴールドの動きはどうなっているのかというと

 

そこまで目立った上昇はしていません。

ただし、右肩上がりのトレンドラインが機能しているように見えるので

次に先月の高値を抜けてくるようだと、

上昇トレンド入りとみても良いと思います。

 

個人的に10月前半の下落で拾えたのがうれしいです。

もちろん現物ではなくHSBCのペーパーゴールドです。

【ゴールドの購入方法】

 

 

また最後に株式市場をご紹介しておきます。

 

S&P500

 

NASDAQ100

 

NYダウ

 

日経平均

 

 

米国の株式市場は、これだけ金利が上がっているにもかかわらず

異様に強いですね。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事