HSBC香港 口座内資金が不足した!HSBCへの送金例

非常に使い勝手の良いHSBCではありますが、

国内の銀行と大きく違う点が一つあります。

 

それが、簡単には入金ができないという事。

 

引き出しをしたい場合には、

コンビニや銀行などのATMで引き出しができますが、

残念ながら国内のATMから入金をすることはできません。

入金するためには、香港まで赴く必要があるというわけです。

 

そこで今回は、

口座内のお金が心もとなくなった場合の緊急措置をご紹介します。

 

 

その方法とは、海外送金代行サービスを使うやりかたです。

海外送金代行会社も複数ありますが、

個人的に使いやすいと思っているのは

 

wiseです。 ※上記画像をクリック

 

アカウントの開設も非常に簡単であることや

実際に何度か送金しましたが、何よりも手数料が安いうえ

送金が速くサポート体制も良いと感じました。

 

ということで今回は、

wiseを利用したHSBC香港への送金方法をご紹介したいと思います。

 

ちなみに、以前は口座内の資金が一定額以上無い場合、

口座管理手数料が発生していたHSBCでしたが、

たしか2018年頃から廃止されているので、

口座内の資金が少なくなってきたから手数料がかかってしまう!

という心配はありませんのでご安心ください。

 

 

まずはWiseのサイトをご確認いただき、アカウントを開設してください。

※アカウント登録方法、本人確認やWiseへの入金に問題がありましたら、
直接Wiseへお問い合わせください。

【Wiseヘルプセンター】 

 

ちなみに【本人確認】には、以下が必要となります。

オンラインでの本人確認は30分以内に完了させる必要がありますので、

事前にご用意ください。

 

・現住所が記載されている、日本発行の顔写真付き身分証明書
(例:マイナンバーカード、免許証、在留カード、パスポート)

・手のひらサイズの紙とペン
(4桁の認証コードを書くために必要です)

・カメラが付いているスマートフォン

・マイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード

詳しくは、Wiseのサイトをご参照ください。

【日本での本人確認について】

 

 

では早速、送金方法をご紹介します。

 

 

【送金手続き】

 

◆アカウントにログインした後、送金をクリックします。
送金元の通貨としてJPYを選択し、受取額の通貨を選択して、
送金したい金額を入力してください。

今回はHSBC香港へ香港ドルを200,000円分送金する方法です。

※一回の上限は100万円までですが、何度も繰り返し送金可能です。

 

 

 

◆受取人を選択してください

ご自身のHSBC口座へ送金する場合には「自分」を選択してください。

 

 

 

◆口座情報を入力します。

「現地の銀行口座情報」を選択してください。

 

  • 受取口座名義にHSBCに登録してあるアルファベットを入力します。(例:YAMADA TARO)
  • 銀行名にHSBC-THE HONGKONG AND SHANGHAI BANKINGを選択します。
  • 口座番号に12桁の数字を入力します。

 

◆次の画面の送金の目的は「貯蓄」を選択してください。

貯蓄でなくても問題ありません。

 

 

◆送金内容を確認してください。

 

◆利用規約を確認し、同意します。

 

 

◆Wiseへの入金の際は、「銀行から手動で入金する」を選択し、
入金の際には必ず「Wiseの会員番号」を入れてください。

 

【重要】
日本円での為替レートは48時間以内に送金手続きをしないと
今回のお手続き内のレートは変わりますので、必ず48時間以内に送金を行ってください。
時間内に送金されない場合は、為替レートが変わりますので、ご注意ください。

 

 

 

◆振込方法を選択します。ここでは「銀行ATM」で紹介します。

 

 

◆振込先の情報を確認し、一旦ここでは「後で振り込む」を選択ます。

 

 

◆wise口座への振り込みが完了したら、再度マイページにログインします。
ログイン後、「取引」の下にある今回の送金項目をクリックします。

 

◆すでに入金が済んでいる場合には、
「すでに入金しました」を選択すると、送金が実行されます。

 

 

 

◆送金が完了後に、送金証明書のダウンロードが可能です。

ウェブサイトからのダウンロード方法

1.        アカウントにログインし、ホームを開く

2.        該当する送金履歴を選択し、右上の3つの点をクリックする

3.        「送金証明書のPDFを発行する」を選択する

 

アプリからのダウンロード方法

1.        アカウントにログインし、ホームを開く

2.        該当する送金を選択し、詳細をタップする

3.        「送金証明書のPDFを発行する」(iOS)または「送金証明書をダウンロードする」(Android)を選択する

 

 

別段香港に用事が無いのに渡航して入金するのも勿体ないですし、

こうしたサービスを利用するのも一つの手段だと思います。

 

今回は送金代行業者wiseを使った送金方法をご紹介しましたが、

wiseについての質問については、

弊社ではなく直にお聞きいただけますようお願いします!

 

ちなみに、一回当たりの送金金額の上限は100万円までですが、

一日に2回3回と送金手続きを繰り返し行う事によって

いくらでも送金できるのがうれしいところです。

 

また、香港へ送金する際に香港ドルで送金すれば金額上限はないので

手続きを10回20回とやれば1000万円2000万円といった送金もできるようです。

ただし、香港へUSDなどの他の通貨で送金する場合には

一日に送れる上限が設定されているようなのでご注意ください。

 

 

 

入金のご相談ではなく、

送金でお困りの場合にはお気軽にお問い合わせください。

その他、HSBCに関するお困りごとがありましたら

ご連絡ください。

 

ご連絡はこちらから。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事