HSBC香港 ATMカードの暗証番号変更はできるのか?

HSBCに関する数ある問い合わせの一つに、

国内のコンビニエンスストアで引き出しをしようと思ったけど

暗証番号が違うという表示が出てしまって

引き出しができませんでしたというのがあります。

 

記憶違いなのか、メモの取り間違えなのかはわかりませんが、

こうなってしまったらいくらお金が必要になったとしても

引き出しをすることができなくなるわけです。

 

その場合の解決方法は、ATMカード暗証番号の再発行になります。

 

ATMカード暗証番号の申請方法は2つあり、

インターネットバンキングにログインして請求する方法と、

書類を作成してHSBCへ郵送する方法です。

 

上記の手続きを行うと、

早ければ3週間、遅いと2か月程度で登録されているご住所に

下記のような書類が届きます。

 

 

ただ、これにはちょっとした欠点?があり、

赤で目隠しした部分に記載があるのですが、

暗証番号はHSBCがランダムで選んだ6桁の番号になってしまいます。

ランダムな数字なので覚えにくいですよね。。。

特に複数の口座を持っていればなおさらです。

 

しかし!

実はこれを解決する方法があります。

 

それは、HSBCのATMであればATM暗証番号が

好きな番号に変更ができてしまうのです。

例えば、単独名義と共有名義の口座を保有していて

どちらもランダムな数字で覚えにくかった場合には、

両方の暗証番号を同じにすることもできるというわけ。

 

 

そうなんです、ただ好きな番号へ変更したいのであれば

香港への渡航が必要という事なんですよね。

 

なかなか暗証番号を変更するためだけに渡航するのもねぇ(;^_^A

何かの用事で香港へ渡航する機会があれば

お好きな暗証番号へ変更してみてはいかがでしょうか?

(ご家族の新規口座を開設するとか?)

 

 

また、現地のATMで出来ることがもう一つあります!

 

HSBCに電話をかけて様々な手続きを行う際に必要になる

「Phone Banking PIN」

この設定または変更も現地HSBCのATMであれば可能になっています。

 

日本に居て何かしらの問題が発生した際に

HEBCへ電話をしなければ解決しない場合、

この「Phone Banking PIN」があることによって非常にスムーズに手続きが進み

逆に「Phone Banking PIN」が無いと、

下手をすれば個人の認証に30分程度の時間がかかることもあるため

設定しておくことを強くお勧めしています。

 

とはいえこれも渡航する予定が無いです!といった場合、

まだ「Phone Banking PIN」の設定をしていない方は

書面での申請も可能になっていますので、

是非ご相談ください。

 

ただし、これもATMカードの暗証番号と同じように

書面での申請は好きな番号での登録はできませんので

予めご了承ください。

 

ご相談はこちらから

 

新規口座開設も現時点では可能です。

お問い合わせはお早めに。

 

 

下記画像はプレミア口座のインフォメーションと

プレミアフロアです。

日本にお住まいであれば、プレミア口座は必要無いと思います。

もし、現在プレミアだけどONEにダウングレードしたいという方がおられましたら

ご連絡ください。

こちらもサポートさせていただきます。

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事