香港IFAのMEGA社が業務終了していた

先日開催した、HSBCのセミナーに参加いただいた方より

現在契約中のフレンズプロビデントの証券を移管したいという相談をお受けしました。

 

以前から契約したIFAのサポートに不満があったものの

面倒だからという理由でそのまま放置していたようでしたが

ここへきてIFAとまったく連絡が取れなくなってしまったので

これは不味いと思い今回セミナーに参加したこともあって

ご相談いただいたということでした。

 

やり取りをしているうちに判明したのですが、

契約されたのはMEGAという香港のIFAであり、

保険業管理局のウェブサイトによると7月4日に10月4日付けで業務を終了するという

申請がなされていたようです。

しかも、自社で管理を行っていた顧客には一切の連絡がかかったという事で

MEGAで契約をしていた人は何も知らない状態。

 

まさに夜逃げ。。。

 

ちなみにフレンズプロビデント(FPI)やRL360といった

海外オフショアの証券は、

他のIFAへ移管することもできるため、

早急に対応することが重要なわけですが、

そんなことになっていることにすら気が付いていない方も

多くいらっしゃると思います。

 

 

そこで移管するにあたっての重要事項をお伝えしたいと思います。

 

・日本語での電話サポートが可能か?

・国内でのサポート体制があるか?

 

最低この二つは、チェックすることをお勧めします。

サポートがメールだけというのは問題外ですし、

困ったことがある際に国内にサポートしてもらえるところがあることでの

安心感は相当なものです。

 

もしこのブログをご覧いただいている方でMEGA社でFPIの契約を行って

今後どうしようかとお悩みの方は是非ご相談ください。

また、お知り合いの方もMEGAで契約しているという場合には、

その方にもお伝えいただくことをお勧めいたします。

 

その他、IFAについてのご相談がありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

ご相談はこちらから。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事